ベッポじいさん

13230267_1284604761603543_2273100561536873664_n

ミヒャエル・エンデの『モモ』に道路掃除夫のベッポじいさんという人物がいる。

「とっても長い道路を受けもつことがよくあるんだ。

おっそろしく長くて、これじゃとてもやりきれない、こう思ってしまう。

そこでせかせか働きだす。

どんどんスピードをあげてゆく。

ときどき目をあげて見るんだか、いつ見てものこりの道路はちっともへっていない。

だからもっとすごいいきおいで働きまくる。

心配でたまらないんだ。

そしてしまいには息が切れて、動けなくなってしまう。

こういうやりかたは、いかんのだ。」

まさにこんな心境で畑を動き回ることもある。夜中にふと目が覚めて、あれこれやっていないことが頭を駆け巡ることも。

ベッポじいさんは続けてこう言う。

「次の一歩のことだけを考えるんだ」

「すると楽しくなってくる」

「ひょっと気がついたときには、一歩一歩すすんできた道路が全部終わっとる。

どうやってやりとげたかは、じぶんでもわからん。」

「これがだいじなんだ。」

一発逆転はない。いつも一歩一歩。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP