台風21号のあと

台風21号で倒壊したパイプハウスの撤去ボランティア行ってきました。こちらは多少の影響で済んだものの、同じ京都南部でも少し離れた地域(平地)では大被害です。

自分のハウスがこんなになったら途方にくれるしかない。小雨の降る中、黙々と作業してました。

まずは災害に対してできるだけ備えて、

それでも被害に遭ったら諦めて、

あとはゆっくり立ち直る。

今後はいつどんな災害に遭うかわかりません。何があっても立ち直れる強い精神力が求められています。

関連記事一覧

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

PAGE TOP